■ダンジョンズ&ドラゴンズ第五版リプレイ「君知るや南の国」


アクセスカウンター:

ツイート

■ネタバレ注意!!


この文章は4Gamer様で公開されているD&D第五版用短編1レベル用シナリオ「君知るや南の国」をプレイした結果を記録したリプレイです。
そのため「君知るや南の国」のネタバレのそのものになっています。
「君知るや南の国」をプレイする予定のある方や内容を知りたくない方は下記リンクからバックをお願いします。

▲▲リプレイログTOPページに戻る

なお、リプレイ中にシナリオ解釈やルール適用などにミスがあるかもしれません。
大らかな目で見ていただくようお願いします。


■目次





■序章:インターネットで冒険しながら年を越そう!



~2016年12月31日21:00頃
 とあるどどんとふ(※1)のオンラインチャットルームに5名の男女が集まっていた。
 彼らはこれから始まるセッション(※2)の事、リアルで自分が置かれている状況などについて雑談を交わしている。

 このメンバーはインターネット越しのおつきあいしかない間柄である。
 この中の一部が男子だと思っていたら、女子。女子だとおもっていたら男子。
 要するにネカマ・ネナベであっても少しも不思議はない。

 まあそんなことはどうでもいいのだ。
 僕を含む彼ら5人は大晦日の忙しい時に、テーブルトークロールプレイングゲーム(以下TRPG)、
 ダンジョンズ&ドラゴンズ第五版(以下D&D)をプレイするために、このチャットルームに集まっている。
 彼や彼女が実は彼女や彼氏やはたまた地球外生命体だからどうしたというのだ。
 D&Dを腹を割って楽しむ仲間であれば、性別、職業、年齢、出身、人種、種族なんて要素はどうでもいい事でしかない。


クリオ:しんどい。
DM:どしたの?
クリオ:蕎麦食べてます。お腹が膨れてしんどい。
DM:食べ終わってからでいいのに(笑)


 ここで発言しているDMというのが僕。DMとはダンジョンマスターの略であり、他のTRPGでは
 ゲームマスター(GM)とか、ゲームキーパー(KP)とか呼ばれるゲームの司会進行役だ。
 DMはプレイヤー達に彼らのキャラクターが置かれている状況がどんなものか、口頭や図などを利用して
 説明し、キャラクターたちが世界に働きかけた結果を判断し、創造して応答する。
 こう言うとなんだか難しそうだが、子供のごっこ遊びのやられ役だと思えばいい。
 DMの主な役割はいかに気持ちよくキャラクター達に負けるかであるなどと言う人もいる。


 そして、蕎麦を食べすぎているのがクリオ。
 彼女は今回ウィザード(魔法使い)を担当するプレイヤーだ。
 TRPGの経験は数回あるがまだ初心者の領域を抜け出してはいない。だが、そのゲームに対するセンスは優れており、
 特にデータを読み込んで活用する才能は卓越している。
 今回、D&Dプレイヤー二回目にして、呪文を使うウィザードという難しいクラス(職業)を選択したが、
 その呪文運用の巧みさ・的確さにはDMも舌を巻く事になる。
 なお、プレイヤーは(たぶん)女性であるが、ゲーム内のクリオは性別不詳という設定である。


カスティル:寒くて炬燵から手を出したくなくて、キャラクターシート(※3)の重量とかが全然埋まっていない……。
DM:(キャラクターの所持品の)重量は普通オーバーしないので無理に埋めなくてもいいですよ(笑)。
   あとタイピング速度は重要なので、暖房を付けましょう(笑)。
カスティル:おこたしか……ないんですよ……フフ……
DM:おいぃ(笑)?!


 この炬燵しか暖房器具の無い、寒い部屋に居る娘がカスティル。今回クレリック(僧侶)を担当するプレイヤーである。
 TRPG経験は2回目。先日僕と一緒にD&Dをプレイしたのが初めての超初心者である。
 もともとMMORPGなどをプレイしてるようで、データに対する興味、熱心さはDMとしても感心するほどだ。
 初心者らしい、初々しい、新鮮な反応も端から見ていて非常に楽しい。
 彼女がこれからD&DをはじめとするTRPGでどんな物語を紡いでいくのか、大いに期待したい。


DM:さて、あと5分ほどで21時。セッション開始の時刻です。
   その前に簡単にセッションにおける諸注意を流しておきますね。

    ■諸注意(※4)
    ・チャットセッションなので相手の反応がわかりづらいです。
     かっこいいRPやいいプレイ、良いダイス目などには積極的に
     おー!とか、かっこいー!とか相槌を打ちましょう。
    ・チャットの流れを止めないようにしましょう
     タイプが遅かったり、長い文を打つときは、短めに文を区切ってタイプするといいです。
    ・名前を呼ばれたらまず返事。その後行動宣言。終了したら終了を宣言しましょう。
    ・あまり気負わず、タイプした文字を消しては書き消しては書きしないように。
     多少の誤字やタイミングのずれは気にせずENTER押しちゃいましょう。
    ・楽しくやりましょう!
    以上!

DM:まあ盛り上げていこうぜ程度の意味です。軽く読み流してください(笑)。
ラスキン:誤字はOKと。
DM:誤字を気にして時間を取られるより、意味さえ判れば話を先に進める方が前向きですね!
ラスキン:了解であります!!
クリオ:がんばろう。
DM:全く意味が分からない場合を除いてね(笑)。「くぇrちゅいおp@」とか言い出したら心配したほうがいい。
カスティル:㌔㍉
DM:㍊㌠


ラスキンは前回のセッションでDMを努めてくれたベテランプレイヤー。そのD&D経験は赤箱(※5)からという超古強者。
今回はローグ(盗賊)を担当するナイスガイ。わりと生真面目なタイプだが、冗談ももちろん解すし、なにより
その長きに渡るD&D経験に裏打ちされたシュアなプレイングとDMをサポートしてくれる姿勢がありがたい。


クリオ:リンネアちゃん思ってたより100倍くらい可愛らしい。
リンネア:じゃあ中身を可愛さ1/100にすればちょうどいいね!
DM:もっと下顎からキバ生えてるかとおもってたよね!(笑)
リンネア:下顎から牙(笑)。


クリオがびっくりするくらい可愛らしいキャラクターの立ち絵を使用しているのは、ハーフオークのバーバリアン、リンネア。
彼女が使用している種族、ハーフオークとクラス、バーバリアンはD&Dの正式版ルールブック、プレイヤーズハンドブック(PHB)収録の
ものである。ハーフオークはロード・オブ・ザ・リングに出てきた悪役種族、オークと人間のハーフで荒っぽいが肉体的能力に優れる
種族である。バーバリアンは蛮族の戦士でありD&Dで一般的な戦士であるファイターより、重い鎧は着られないが、
その分ヒットポイント(以下HP=生命力)に優れ、激怒という能力を使うことで短時間であるが攻撃力を増加させることができる。
いわゆるバーサーカー的クラスである。
なお、リンネアのプレイヤーは僕の古いTRPG友であり、女性の演技をさせたら女性よりカワイイという特技を持つあんちゃんである。


DM:さて、21時になりました。そろそろセッション開始ですよー!
リンネア:わーい
クリオ:うおー!
DM:皆さん宜しくお願いしますー!これよりD&D年越しセッション、
   「君知るや南の国」を開始したいと思います! よろしくおねがいしますー!
一同:よろしくおねがいしまーす!

DM:今回予告(※6)

 --------------------------------------------
 とある海辺の国で、南の海へ行き来する商船を悪い海賊一味が襲い、黄金やスパイス、砂糖、捕虜を売って大もうけしている。
 
 あるとき1人の捕虜が海賊一味の隠れ家の洞窟から逃げ出し、君達に「仲間達を助けてくれ」と頼みこんだ。
 土地の官憲は完全に無力であり、頼りにならない。
 この冒険は君達が頼みを引き受けて、洞窟へ旅する途中から始まる。
 彼らは首尾よく海賊一味を打ち倒すことができるだろうか。

 ダンジョンズ&ドラゴンズ第五版、シナリオ「君知るや南の国」
 --------------------------------------------

一同:ぱちぱちー!


はたして、どんな冒険が彼らを待ち受けているのだろうか!!

---------------------------------------------
※1:「どどんとふ」:日本で最も普及しているTRPGオンラインセッションツール。
   チャット機能・ダイスを振る機能・マップ共有機能などオンラインでTRPGを遊ぶための機能が
   完備されており、非常に使いやすい。なお、今回はDMの個人サーバーでプレイしている。
   無料の一般公開サーバーも存在するが、オンラインセッションを頻繁に行うなら個人サーバーを用意するのがお勧め。

※2:「セッション」:TRPGにおけるゲームプレイ一回分の事。今回は約3時間のセッションであった。

※3:「キャラクターシート」:TRPGでプレイヤー達の分身となる、キャラクターのデータ・設定などを書き込んだ紙。
   今回のオンラインセッションではオンラインキャラクターシートを用いているので、電子的に管理されている。

※4:「諸注意」:僕はオンラインセッションでマスタリングをする時、必ずこの手の諸注意をプレイ前に流している。
   特に文字だけでプレイするテキストオンラインセッションではマスター・プレイヤー間で意図にずれが生じることが
   よくある。事前にこういった"卓上のコンセンサス"をとっておくのは、実は非常に効果があり、重要な事なのだ。

※5:「赤箱」:30数年前に発売されたD&Dの古い版は赤い箱に入っていたので、通称赤箱と呼ばれる。

※6:「今回予告」:TRPGではその日プレイするシナリオの予告をプレイ直前に公開する事が多い。
   それを今回予告と呼んだりする。今回予告はプレイ前の諸注意と同様、卓上のコンセンサスを取るのに非常に有効である。

▲このページの目次に戻る

■第一章:冒険者達のプロフィール



DM:まずは簡単に卓を囲むメンバーの自己紹介をしていきましょうか!
   まずDMの僕から!
   DMのO-MIYAです。D&DとTRPG経験は豊富な方だと思います。TRPGおじさんです。
   タイプ的には異世界体験型プレイヤーと自負しています。異世界を旅する感覚を大事にするタイプってことですね。
   今日は皆さんとフォーゴトンレルム世界を満喫したいと思います!!よろしくお願いします!
カスティル:そのアイコンで「TRPGおじさん」(※:DMは数年前に友達に描いてもらった美少女アイコンを愛用しています(笑))
DM:ふふふ、おじさんこそが一番カワイイ(笑)。
   じゃあ、次はリンネアから自己紹介をお願いします
リンネア:はーい。TRPG歴は4年ほど、D&Dはかなり久しぶりになるのでホント楽しみにしておりましたー。最近はクトゥルフ神話RPGのKPやったり、色々なシステムのプレイヤーやらせてもらっております。
リンネア:プレイヤーキャラクターの名前はリンネア。元は秘境に父とともに暮らしていたけど、
     新しい何かを見つけるために旅に出たバーバリアンでーす。実力を疑われたり故郷を馬鹿にされると怒って暴れたりします。
     でもお酒を奢られるところっと忘れて飲むのに夢中になっちゃう頭の弱い子です。前に出て殴るるしかできない脳筋よ!
     みなさまよろしくお願いしまうsー!
DM:頭弱かった!
DM:宜しくお願いしますー
DM:くっころさせよう(提案
リンネア:実際知力能力値8ですしな(笑)
DM:ではそんなちょっとお気楽なリンネアさんでしたー! 仲良くしてね! お次はラスキンさんからおねがいしますー。
ラスキン:はい、了解です。今回のキャラは"灰色の手の"ラスキン、偵察兵上がりのローグです。
     軍隊で経験を積んでいたけれど放り出されて冒険者になったと言う感じです。
     中の人は、D&Dが好きなオッサンです。
     3版からの出戻りですが4版は触った事があるくらいです、年寄りなので理解力が弱いかもです
リンネア:3版からの猛者ね!
DM:性格的特徴としては仲間思いらしいからリンネアがしんでも逃げにくいぞ!(笑)
   (昨日たった一人の前衛のリンネアが倒れたら、ラスキンは逃げるって話をしてた)
リンネア:「ここは私に任せて逃げるんだアアアアぐああああああ」
ラスキン:付け加えるなら斥候で出かけてもなかなか帰って来ないとかそんな感じの人
DM:経験者としてたよりにしております(笑)。ではお次、クリオさん、お願いします!
クリオ:はーい
クリオ:改めましてこんばんわ! 頭が弱い人類代表選手です。
    名前はクリオ。世界一かわいい歴史学者とは僕のこと♡
    先制スリープでチ○カスどものドタマブッコ抜いてやるよ。
    俺様の性別も見抜けねえバカは騙すに限るぜ。ま、よろしくな。
リンネア:きゃー、かわいいーわー!
DM:実は女の子とは限らない謎の歴史学者
リンネア:性別欄が(笑)(※:クリオのキャラクターシートの性別欄には、「女性を自称しているが…?」と書かれていた(笑))
クリオ:ふふ(笑)
リンネア:あくまで自称なのね(笑)
DM:お、女の子かもしれないし(震え
クリオ:突貫で作ったんで設定とかないです!
DM:まあ性格的特徴に基づいてロールプレイ(=RP≒演技)してってだんだんキャラが出来上がっていくでいいと思います
クリオ:はーい
ラスキン:今回は人間が多いな(※:リンネア以外全員種族はヒューマン=人間でした)
カスティル:世界一かわいい。
DM:かわぃぃ。では最後だ! カスティルさん、自己紹介おねがいしますー!
カスティル:***
      ■ぷれいや:TRPG実質2回目、オンセ及びD&Dはガチ2回目です。
            キャラクターシートが間に合わず穴まみれですみません。
      ■きゃらくた:カスティル・アース。
             とある司祭さんに拾われた孤児で司祭さんと同じように人を助けられるような人間である事を目標にしてます。
             経験を積む為に外でうんちゃらみたいな感じでうんたらかんたらみたいな。的な。
             名前は色の名前から、以前使った「カッセル・ブラウン」と同じ色の別名で、
             元々昔やってたネトゲから持ってきた感もあります。
DM:カスティルは人助けする良い子だった。
クリオ:メインヒロインっぽい。
DM:リンネアが死んでも(というか気絶しても)回復してあげてください!
ラスキン:シナリオ名:ヒロインが多過ぎる。
リンネア:おー、新人さんかTRPG沼に沈めないと!
DM:┌(┌^o^)┐<ヌマァ・・・
カスティル:沼怖い。
クリオ:おいでおいで。
DM:PL二回目ってピチピチ!
ラスキン:知っていますか、リンネアさん
リンネア:な、なにを・・・!
ラスキン:初心者が約半数です
DM:うむ、大分手馴れてきてる感じだけどクリオもかなりの初心者だったような(笑)
クリオ:僕も初心者!
カスティル:初心者同士助けてもらおうね♡ クリオ♡
クリオ:ね♡ カスティル♡
ラスキン:若い人は順応が早いから
クリオ:D&Dは2回目、TRPGならりゅうたまでそれなり。
DM:がんばれ💛がんばれ💛
リンネア:つまり一人、一殺で沼に沈めると。
クリオ:わたしは沈める側かな(笑)。
カスティル:待って♡ 四対一じゃねーか!(笑)

▲このページの目次に戻る

■第二章:冒険の始まり



DM:さて、では自己紹介もおわりましたので、皆さんが置かれている状況を説明しますね。
   まず、皆さんは何回か隊商の護衛とかをして一緒に旅をしている仲間という事にしてください。
クリオ:お友達だね♡
リンネア:はーい、マイフレンドー。
DM:今日はちょうど12月(フォーゴトンレルム(※7)では月に名前がついてるんですが、今回はしらべてくるのをわすれてたので12月!)の最後の日。要するに大晦日だ!!
一同:今日だ!!(笑)
DM:ただ、この地域は割と暖かく、冬!って感じはありません
カスティル:年末なのに暖かいとか羨ましいんですけど
DM:皆さんは隊商の護衛で北方のネヴァーウィンターからウォーターディープを通り過ぎ、
   スタンドウィンドという町へとやってきたところです。

▼フォーゴトン・レルム全図



DM:これがフォーゴトンレルム皆さんの住んでいる既知世界です
ラスキン:我々が居るのは左端の真ん中あたりだったかな
DM:ですね(笑)。この左上の方、海岸沿いの地域を「北方」と呼び、
   先ほど言ったネヴァーウィンターやウォーターディープはその中にあります。

DM:これが北方の拡大図です
▼フォーゴトン・レルム「北方」地図


一同:ふむふむ……
DM:ネヴァーウィンターと、ウォーターディーブの南にある小さな町スタンドウィンドの位置は大体把握できたでしょうか

一同:はーい

DM:というわけで皆さんはスタンドウィンドの町に入りました。隊商の護衛の任務はここまでです。
DM/隊商のおっさん:「皆の衆、ご苦労だったな!」
ラスキン:「ベッドで寝たい……」
クリオ:「ばいばぁい♡ 隊商のみ、ん、な!」
DM/隊商のおっさん:「お、クリオの嬢ちゃんは報酬はいらんのかい?」
クリオ:「おいぃ?」
DM/隊商のおっさん:「ははは、冗談じゃ。一人金貨3枚。少ないが受け取っておくと良い。」チャリチャリーン
クリオ:これ所持金に足していいの?
DM:うん、いいよ!
クリオ:やったぜ。
カスティル:「ありがとうございます」
ラスキン:いただきます。「美味いもんでも食いに行くか?」
リンネア:もらいもらい。
クリオ:「クリオ、甘いものたべたぁい♡」
ラスキン:「今の時期だとイチゴが食えるかもな」
DM:イチゴいいね(笑)!
クリオ:いちご!
ラスキン:「ここら辺は雪もそんなに降らないしな」
リンネア:「酒だー、はやく酒を飲みに行くぞー!」
DM/隊商のおっさん:「酒だったら、この町にはいい酒場がある。踊る機械人形亭、飯はうまいし居心地がいい素晴らしい酒場だ。
         行ってみるといい! じゃあの!」
カスティル:「またよろしくお願いしますー」
DM/隊商のおっさん:「カスティル嬢ちゃんもきをつけてな!」ばいばいー
DM:おっさんは簡単に店への道を説明してから手を振って去っていきます
リンネア:「うまいもの、くう。うまいさけ、のむ。」アルコール不足でカタコトに
DM:カタコトに(笑)
クリオ:「おいリンネア大丈夫かよ」
DM:では皆さん踊る機械人形亭に向かうという事でよろしいか?
リンネア:むかおうむかおう
クリオ:「行こう、行こう、湯の国へ」
カスティル:「酒場は逃げないからおちつこうリンネアさん」
リンネア:「うぐぐ、さけをのめば大丈夫・・・」
DM:皆さんの前に木造の小さな、しかし手入れの行き届いた居酒屋兼酒場がみえてきます。
   ドアを開くとあたたかな木とあげじゃがの香りが漂ってきて食欲をそそります
   というわけで皆さんは店に入ったので好きな位置にコマを置くんだー!
リンネア:扉開いて料理の匂いと酒の匂いに目を輝かせてる
クリオ:「おー。良さそうな店じゃねえか。酒、酒、っと」
DM:まあ別に戦闘があるわけじゃないから好きな位置でいいですよ!

 あーでもないこーでもないとワイワイ言いながら酒場の好きな場所に陣取る一行。
 
▼踊る機械人形亭


ラスキン:食い逃げできる位置?
リンネア:逃げる気か(笑)
クリオ:おいおい(笑)
カスティル:(笑)
クリオ:食い逃げするならここかなー?
DM:皆さんが席につくと店の主人のサラというウォーフォージド(※8)のメイドが注文を取りにやってきます。
ラスキン:ロボ?
DM:そうですね、彼女の姿は美しいのですが機械でできているようです。
ラスキン:珍しいので眺めてます。
DM:どういう仕組みかはわかりませんが、機械がまるで人間のように動きぺこりぺこりと礼をして
クリオ:かわいい
DM/サラ:「みなさま、踊る機械人形亭へようこそ……であります」
ラスキン:「ほへぇ~、それで宿の名前がか……」
DM/サラ:「本日のおすすめメニューはあげじゃがの盛り合わせと冬シャゲの煮込み、オニオングラタンスープであります。
    当店自慢のワインをそえてご賞味下さいませ。」
ラスキン:「では、おすすめメニューを人数分。 俺のおごりだ」
クリオ:「きゃー♡ラスキンかっこいい♡」
DM/サラ:「あわせて金貨一枚になりますが、よろしいですか?」
ラスキン:チップも含めて金貨二枚渡しておく
DM/サラ:「かしこまりました少々おまちくださいませ……であります」
クリオ:まじでかっこいいなおい
リンネア:「ひゅー!ラスキンふとっぱらあ!」そろそろ普通にしゃべろう(笑)
カスティル:「ラスキンさんいいんです?」
ラスキン:「どうせ稼ぎは多くないんだしな、使ってしまおうや」
DM:ではそれを受け取ると一礼をして、サラはカウンターで料理を始めます。
DM:酒場は温かく、樫の木のにおいとワインの香りがみちていてとても安らぎますね!
カスティル:「このワインの香り、リンネアさんが元気になりますね!」
クリオ:「マジでいい店じゃねえか。ここでなら執筆も…」ブツブツ
DM:サラが手を休めてお通しとワインを人数分持ってきましたね
ラスキン:「久し振りに温かい食い物が食えるな」
リンネア:「さ、酒!飲まずにはいられない!」ぐいーと一息に。
DM/サラ:「シルバーマーチ産、DR1400年ものの白ワインであります。ご賞味ください……であります」
DM:皆さんがワインに舌鼓を打っていると
DM:料理ができたらしく先ほど紹介したコースが運ばれてきます
ラスキン:「ワインを一口飲んだらジャガを貪る」
DM:ジャガもりもり! シャゲほくほく! スープ温かい!
リンネア:「ぷはー、生き返るねえ。ほらほらみんなも飲みなよ美味しいよお。」うめえうめえ
ラスキン:「温かい食い物はホッとするね」
クリオ:「わぁ♡ ほんとにおいしいね☆ クリオ感激しちゃうな」
DM/サラ:「皆様、おいしそうに料理を食べていただき、恐縮であります」
DM:カウンターの向こうからサラが声をかけてきます
リンネア:「あたいは食えりゃあなんでもいいが、ここの料理は格別にうまいな」ばくばっくー
ラスキン:「少しは味わって食えよ(苦笑)」
リンネア:「これだけうまいんだ、ちょびちょび食うほうが失礼だろう」ばくばく
DM/サラ:「年末だというのにソードコースト沿岸、ようするにこの町の周囲は、すこし物騒なのであります」
DM:と、酒の肴に世間話を向けてくるサラです
ラスキン:「物騒?」
カスティル:「というと?」
クリオ:「物騒だぁ?」
DM/サラ:「はい、海賊の活動が活発になってきておりまして」
リンネア:「へえ、海賊ねえ」
DM/サラ:「この周囲の村も襲われることしばしばという話であります。なんでも略奪された宝物は南方のカリムシャンに送られているとか……であります」
ラスキン:「海賊なら退治すれば幾らかにはなるか?」
DM/サラ:「そうでありますな。この地方の官憲は残念ながら非常に弱腰で……官憲からの報酬はなかなか期待できないかもしれませぬ」
クリオ:「ほーん…」メモメモ
リンネア:「溜め込んでるお宝は手に入るかもなあ」
ラスキン:「北のラスカンではなくカリムシャンの連中か」
DM/サラ:「ですが、彼らが持っている宝物を手に入れるとなれば話は別でありますな。
       皆様のようのような腕利きならば一旗あげるのも可能かもしれませぬ」
ラスキン:「カリムシャンだと私掠船だと面倒だな」
リンネア:「ラスキンはいろいろ知ってんなあ。あたしにはさっぱりだぜ」
カスティル:(1レベルだなんて言えない空気
DM:そんな話をしている皆さん。するとですね! バン!!と音がして店のドアが開きます。
   そこには
クリオ:「うぉあっ!?」
カスティル:「クリオがこけた」
DM/チャム:「ハァハァ・・・・」
クリオ:びっくらこいた。
DM:肌もあらわな少女が一人立っています。服装は粗末なものでおそらく奴隷。
クリオ:「ひゅー」
DM:耳がとがっていて肌は少し浅黒いのでおそらくワイルドエルフの一族の少女かと思われます。
リンネア:「あん?むしゃ、なんだ?むしゃ、女?」
ラスキン:ドラウ?
DM:いえ、ドラウ=ダークエルフじゃなさそうですね(笑)
DM:野生的な生活を営むエルフの一種、ワイルドエルフのようです。
DM/チャム:「た、たすけてくれ!!! 大変なんだ!海賊たちに姉様がつかまっちまって!!!」
リンネア:「おーい、クリオ倒れたみたいだけどだいじょーぶか?」ごくごく
DM/チャム:「警備兵に訴えたんだけど、全然とりあってくれないんだ!」
クリオ:「リンネア…見てたんなら手ぇくらい貸せっての。」どっこいせー
リンネア:「手が塞がってんだよー」食い物と酒で
DM/チャム:「冒険者らしい人たちがこの店にいるって聞いて! 海賊たちから姉様をたすけだしてくれよ!!おねがいだよ!」
ラスキン:とりあえず、椅子に座らせて水を頼むよ。水が来たら飲ませて事情を聴く。「まぁ水を飲んで落ち着け」
DM:では少女はごくごくと水を飲んで、ふはーと一息つくとお礼を言います。
DM/チャム:「あ、ありがとう、あたいはチャム。」
ラスキン:「順番に整理して話してくれ」
DM/チャム:「北のアイスウィンドデイルに住んでいたワイルドエルフさ」
ラスキン:「また遠い所だな」
リンネア:「チャムね、うん。忘れない間は覚えたぞ」聞きながら
DM/チャム:「でもこの間、村が海賊どもに襲われて、あたいと姉様は海賊の捕虜になっちまった」
DM:アイスウインドデイルはネヴァーウィンターよりさらに北なのでまあ北極圏に近いイメージの場所ですね
ラスキン:イメージはアラスカですね。
リンネア:ほうほう、さらに遠くなのか。
DM/チャム:「姉様が海賊どもの気を引いて、あたしを逃してくれたんだ。
        海賊のアジトまで案内するから、姉様を海賊たちから救い出してくれないか?」
DM:と、チャムはすがるような瞳で皆さんを見ます
ラスキン:「まず、海賊は何人だ?」
カスティル:「困っている人が目の前に居るのにうんちゃらかんちゃら」
リンネア:「どうするよ、あたしはお宝手に入って酒も飲めればいいぜ」
DM:おーけー(笑)。ではせっかくなので混乱気味のチャムから話を聞き出せるか判定をしてみましょうか!
DM:皆さん全員、技能の【魅力】〈説得〉で判定をお願いします。
ラスキン:魅力の修正無いんだよね
クリオ:平目だなー

---------------------------------------------
〈説得〉技能判定の結果は、ラスキンが19、カスティルが16。他の2人は3と4でヒドイものだった。
---------------------------------------------

DM:じゃあカスティルとラスキンはいい感じにチャムを落ち着かせて整理して話を聞き出すことができます

---------------------------------------------
【魅力】〈説得〉判定の結果が10以上ならば、以下の情報が得られる。

DM/海賊の隠れ家は、天然の洞窟に海賊どもが手を加えたものである。
洞窟の中では道が枝分れしている。逃げ出した捕虜は気が動転していて、正確な道筋を覚えていない。
捕虜は海賊どもと同じ部屋で壁に縛りつけられている。
DM/海賊どもは数度にわたって船を襲い、南の島で取れる黄金やスパイス、砂糖を大きな宝箱に入れ、ときどき開けては悦に入っている。
---------------------------------------------

クリオ:ラスキンさすがのメイン紳士だ
DM:という内容をなんとか話すチャム。さらに

---------------------------------------------
加えて、【魅力】〈説得〉判定の結果が15以上ならば、以下の情報もまた得られる。
いま洞窟の中には、腕っぷしだけが自慢の海賊どもが3人と、邪悪な海の女神をあがめる僧侶が1人いる。
ほかのやつらは地元の商人と値段の交渉をしに行った。黄金、スパイス、砂糖、捕虜、
それにほかの船を襲って手に入れた、南洋の珍しいトリ、ケモノを売るのだそうだ。そいつらは明日戻ってくると言っていた。※
---------------------------------------------

リンネア:おー、お二人の出目のよさでさらなる情報が!
ラスキン:なら、今日のうちに襲撃した方が後あとやり易そうだ
リンネア:ですねー。速攻襲撃じゃー
DM:さらに、一行が※の情報を得た場合、さらにPC全員に【知力】〈自然〉判定をおこなわせること。
DM:最後の情報で気づく事があるかもしれません。全員、技能【知力】〈自然〉で判定をどぞ

---------------------------------------------
〈自然〉技能判定の結果は、ラスキンが22、クリオが12。他の2人は一桁だった。
---------------------------------------------

ラスキン:クリティカルした
クリオ:ラスキンつよい
リンネア:ラスキンさん優秀すぎぃ!
ラスキン:もうすぐ死ぬんじゃなかろうか
DM:残念(笑)
DM:まあラスキンが知っていた

---------------------------------------------
最も高い判定結果が15以上20未満ならば、以下の情報が得られる。

上質の砂糖やスパイスは、あらゆる人に高く売れる。珍しいトリ、ケモノは好事家に高く売れる。

最も高い判定結果が20以上ならば、以下の情報もまた得られる。

珍しいトリ、ケモノというのは、飼いならして番犬がわりにしたり、
闘技場で戦わせたりするための猛獣かもしれないので注意が必要である。
洞窟に入ったならば、足跡に気をつけるべきかもしれない。
---------------------------------------------
DM:という感じ!
リンネア:あー、やっぱりモンスターいるのか(笑)
DM/チャム:「あたしの話せることはこれくらいだ」
ラスキン:それを皆に説明して海賊からお宝を奪えば金になると伝えよう。
DM/チャム:「報酬として渡せるような高価なものは取り上げられちまって持ってない。
        でもおねがいだよ。アタシのたった一人の姉様なんだ。助けて欲しい」
カスティル:「む。奪われた物は持ち主に返さないといけません」
ラスキン:「海賊の奪った物は持ち主はわからんから返却は出来んだろう」
DM:カスティル、いいRPですね。カスティルの弱点、欠点:融通の効かない考え方をする。にマッチしているのでインスピレーション(※9)を差し上げます。
カスティル:キタコレ
リンネア:すばら。
クリオ:おめ!
DM:リンネアも酒好きRPしてるのでインスピレーション差し上げます
リンネア:わーい、ありがたやー
カスティル:あじゃじゃす!おめじゃす!
ラスキン:物知りRPしたのでください(笑)
DM:いいでしょう(笑) ラスキンにもさしあげます。
ラスキン:わ~い
DM:クリオも楽しいRPしてるので差し上げよう!
クリオ:やったぜ!!
クリオ:「んで、みんなはどう思う?行くか?」
DM:さて行くかどうか決断を!
DM/チャム:「うるうる・・・」(上目遣いでみんなを見ている
ラスキン:「返事は決まってるだろ。さぁ、金儲けに行こうや」
カスティル:「目の前に困っている人がうんちゃらかんちゃら(ほろよい
リンネア:「あっはっは、そうだよな」バシバシ背中叩きながら
クリオ:「じゃあ俺様も賛成だ。行くか」
DM/チャム:「ありがとう! じゃあもう日暮れだけど、急いで南の海賊のアジトに案内するよ! いいかい?」
DM/サラ:「夜間であれば、海賊たちも酒を飲んで寝ている可能性もありますな。
       昼だからと言って有利になる要素はあまりないかもしれませぬ」
ラスキン:「今日中に肩を付けた方がいいんじゃないか?」と進言する。援軍が増える前にやってしまいたい。
カスティル:「とりあえずお水一杯頂いていいですか。」(ほろよいの自覚はあるので
DM/サラ:「はい、お水……であります」
リンネア:「さっさといって、終わらせちゃおうぜ」剣準備ー
クリオ:「明かりなら俺様もカスティルも用意できる。不利もねえだろ。」
DM:では皆さんはチャムの先導の元海賊のアジトへとむかいのでありましたー!

---------------------------------------------
※7:フォーゴトン・レルム:D&Dの公式世界設定のうちの一つで、最も使用者の多い世界。"失われた領域"。ここを舞台にした小説なども多数出版されており、代表的な「ダークエルフ物語」などは日本でも人気を博している。

※8:ウォーフォージド:D&Dのロボット人間種族。元は最終戦争というとある世界で行われた戦争に使われたロボット兵器だった。
※9:インスピレーション:D&D第五版で追加されたルール。キャラクターの性格的特徴をうまく演技したとDMが判断した場合、DMはそのキャラクターにインスピレーションを1点与える。受け取ったキャラクターはこのインスピレーションを消費する事で1回の判定を「有利」にする事ができる。

▲このページの目次に戻る

■第三章:海賊のアジト




▼フォーゴトン・レルム「北方」地図


DM:地図のスタンドウィンドの南にある「海賊のアジト」ってところが目的地です。
   大体2時間くらい歩くと森の中を進んで洞窟にたどり着きます。
リンネア:おお、アジトってあるな。結構近かった。
DM:夕方の7時くらい
カスティル:ほろ酔い程度なら水飲んで二時間歩けば完璧に醒めますね。カスティルさん準備万端です。
DM:かなり周囲は暗くなっていますね
クリオ:夜だなー
DM:夜ですねぇ(笑)
ラスキン:薄暗い程度なら問題ない
リンネア:暗視オン!
ラスキン:月明かりがあればワシは歩けるでな>特技
DM/チャム:「ここだ、あそこが奴らのアジトだよ!」
DM:茂の中からチャムが指さすのは小さな洞窟ですね

▼海賊のアジト地図その1


DM:まだマップには踏み込んでいないとして扱います
ラスキン:「ちょっと偵察してこようか?」
DM:皆さんは15mほどはなれた場所から茂みの中から洞窟の様子をうかがっているとしましょう。ぱっと見、奥に洞窟が続いているようですね
リンネア:がさごそ
DM:さて、皆さんはどうしますか?
ラスキン:ショートボウを装備、周りの状況を確認。
DM:周囲には小動物の気配しかありません。
クリオ:洞窟の中は視認できてるの?
DM:いえ、もう少し近づくいてマップ上に侵入しないと洞窟の中はみえないかもです
リンネア:足跡とかは調べられるのかなー?
DM:足跡大事ですね。調べてみますか?
クリオ:見てみたいなー
リンネア:調べてみたーい。
DM:調べる場合は【知力】〈知覚〉技能で判定を。全員振っていいですよ。

---------------------------------------------
判定の結果は、ラスキンが21、クリオ16、リンネアとカスティルは一桁だった。カスティルの出目が低調である(笑)。
---------------------------------------------


DM:ラスキン出目やばい(笑)
ラスキン:ヤバい、リアルで死ぬかも
クリオ:ラスキンつっよい!
リンネア:なにもわからぬ!
カスティル:しんだ
リンネア:ラスキンが超優秀!
カスティル:ラスキンさんぱねぇ

---------------------------------------------
【判断力】〈知覚〉判定結果が10以上ならば、次の足跡を発見できる。

靴をはいた、2本足の、中型サイズの、人型生物の足跡。おそらく複数人。
ラスキン:こう言う人は序盤で死ぬ可能性がgg

加えて、【判断力】〈知覚〉判定結果が15以上ならば、次の足跡もまた発見できる。

靴をはいていない、2本足の、中型サイズ——つまり人間大の鳥またはトカゲの足跡。1体だと思うが、複数体とも考えられる。
---------------------------------------------
DM:クリオとラスキンはトカゲっぽい足跡もみつけた
ラスキン:リザードフォーク?
リンネア:ほほう
DM:リザードフォーク(トカゲ人間)かどうかまでは分からないですね。
ラスキン:了解。「こんなデカい鳥が居るかだな…」周りに話しておこう
カスティル:カスティルが前回のクリオさんの立ち位置になっている。非常に拙い。(※:前回のセッションでクリオプレイヤーの出目はそれはヒドイものだった(笑))。
DM:まあどんまいだ!(笑)まだはじまったばっかりだから大丈夫(笑)
リンネア:そうそうー、私も低空飛行だし(笑)
クリオ:戦闘で大暴れするフラグ(笑)
DM:大暴れしちゃう支援型クレリック!(笑)
   さて足跡についてはこれくらい。ラスキン先行してみますか?
ラスキン:ちょいと覗いてきたいけどいいですか?
カスティル:「無理しない程度でお願いしますね、ラスキン」
リンネア:「むう、そうだな。そういうのは任せた!」
DM:じゃあラスキン行動宣言どぞ。ちなみに1の周囲には人影はない
ラスキン:では隠密で隠れてから向かいます、良いですか?
DM:どうぞ!>隠密
ラスキン:1d20+5
DiceBot : (1D20+5) → 10[10]+5 → 15
DM:では問題なくこのあたりに進めます。中はこんな感じになっていて……

▼海賊のアジト地図その2


---------------------------------------------
あなたがたは海賊一味の隠れひそむ洞窟の入口までやって来ました。
洞窟の壁はごつごつしており、ところどころに松明が燃えています。海賊どもが暗闇を見通せないことは恐らく間違いないでしょう。
奥で道が右と左とまん中の三つに分れています。
あなたがたは、逃げ出してきた捕虜を入口で待たせておき、洞窟の奥へ踏みこもうとします。
その前にやっておくことがある場合は宣言をお願いします。
---------------------------------------------

DM:道が3つに別れています。
ラスキン:了解です、明かりはありますか?
DM:描写にもありますが松明がかかげられているので中は明るいですね。
DM/チャム:「(くさかげから)みんなーがんばって!」
ラスキン:では、こちらに隠れながら寄ります。

▼海賊のアジト地図その3


DM:ちょっとわかりにくいんですがここのところ、木製の扉になっています
ラスキン:ちなみに特技のお蔭で薄暗いなら隠密出来ます。
DM:天然の洞窟に人工の扉が取り付けてあります。扉は木でできており、洞窟の湿気を吸ってふくれています。
ラスキン:膨れてるなら後回しにします。
DM:ほいほい(笑)
ラスキン:そんなに開けてはいないだろうし
ラスキン:ここで4を覗きこみます
DM:通路はこんな感じになっています

▼海賊のアジト地図その4


ラスキン:了解です
DM:北の通路は右に折れていて、西の通路は南に折れている
ラスキン:ここで6を覗きこみます
DM:攻めるなァ(笑)

▼海賊のアジト地図その5


---------------------------------------------
洞窟の通路に鉄の落し格子が下りており、格子の向こうには見たこともない大きなトカゲがいます。そいつがあなたがたを見て、キョッケーキョッケーとかん高い鳴き声をあげると、鋭いギザギザの歯をむき出しにします。このトカゲの化け物が肉食であることは、疑うべくもないでしょう。
---------------------------------------------
DM/中型の爬虫類の雛:「キョッケーキョッケー!」
DM:奇声は皆さんにも聞こえますね。
カスティル:「なんか奇声が聞こえてきた」
ラスキン:保存食があるので放り込みます。「黙るといいが…」
DM:保存食をパクパクと食べますね。干し肉を好んでいるようですね
カスティル:なるほどそういう使い方もあるのか。
DM:雛は奇声をあげるのを止めました
ラスキン:静かになったらゆっくりと元来た道を戻ります
DM:はーい
クリオ:勉強になるなあ
DM:玄人っぽい動きだった
ラスキン:皆の所に戻って報告しますよ
DM:さて、いったん偵察を終えて戻ったラスキン。状況はかくかくしかじかで伝えられたとします
ラスキン:では見た事を説明して「恐らく足跡の一つは牢の中の蜥蜴だろう」
DM:ラスキンの爬虫類の雛の説明を受けて、
DM:皆さん【知力】〈自然〉技能で判定してみてください

---------------------------------------------
〈自然〉判定の結果はラスキン19、カスティル15、クリオ12、リンネア7でした。
---------------------------------------------
リンネア:ぜんぜんわからんな!
カスティル:ラスキン出目がぶっとんでる!
クリオ:ラスキン大丈夫かおい
DM:難易度は15!
DM:成功した者は、そいつがアロサウルスの雛であることと、そいつが腹を減らしていることに気づく。
ラスキン:ラプトルでいいのかな? アロサウルスかよ!
DM:アロサウルウスはまあちょっとやさしいティラノサウルスだと思ってください^^
DM:雛だけど強いね
カスティル:ちょっとやさしいティラノサウルス
ラスキン:親が出てきたら逃げるしかない
リンネア:ひえ
DM:腹を空かせていたけど保存食をたべてある程度は満足したようにラスキンは感じた。という状況。
   さて皆さんはどうしますか? まあ海賊たちを倒してチャムの姉を救うには踏み込まないとだめだけど。
ラスキン:「まぁ北の方の奥に人質はいるだろうな」
ラスキン:「強襲を掛けて一気に倒した方が良いと思う」
リンネア:「じゃあ突撃だな!」脳筋思考
DM/チャム:「みんな、気を付けて・・・・でもねえさまをたのむよ!」
DM/チャム:「クリオ、リンネア、カスティル、ラスキン。姉様をお願いだ!たすけてくれ!」
クリオ:「おいおい…それでいいのか?お前らそれで生きて帰れると思ってんのか??」とか言いつつ出撃準備
リンネア:「全員倒せばいいだけだろ?」あっけらかんと
カスティル:「アロサウルスは、流石に手懐けるには無理があるかな……なんならもう一つ保存食放り込んでスルーでしょうかね?」
ラスキン:「そうだね、カスティル。先に先行したいけどいいかな?」
DM:少し離れて進むってこと?
ラスキン:そうそう
DM:どれくらい離れて進む?
DM:ちなみにマップは1マス5フィート=1.5mなので
ラスキン:20フィートかな。 装備はスリングに変更。
DM:OK。4マスね。じゃあまず、ラスキン、コマ動かしてください。
DM:通りすがりでアロサウルスに餌あげてもいいよ。その場合は保存食へらしてね。

---------------------------------------------
隠密で相変わらず高い出目を出したラスキンは洞窟をかなり奥の方まで進む。
4マス(20フィート≒6メートル)離れて残りの3人も続く。
---------------------------------------------

▼海賊のアジト地図その6


リンネア:じゃあ私もエサあげておこう。すっごく惜しみながら食べさせる。
クリオ:後ろからひっそりついてこー
DM:カスティル餌あげる?(笑)
カスティル:ここだとまずい?
DM:ううんOKだよ
カスティル:じゃあこっから保存食放り投げとく感じで
クリオ:上手いなあ
DM:はーいだいぶ満足したっぽい反応だね>雛
DM/中型の爬虫類の雛:「ゲプー」

DM:通路はまた東に折れて、北に折れて。その先は黒いカーテンでおおわれているようだ。

---------------------------------------------
天然の洞窟に、あきらかに人工のとばり——カーテンが取り付けてあります。
奥からは光がもれ、くぐもった話し声がします。
---------------------------------------------

ラスキン:じゃぁカーテンまで進みますね
DM:他のみんなも自由に位置かえていいからねー
ラスキン:そこからカーテンの先を見てみます。向こうからは見えないようにね
DM:戦闘中じゃないから移動速度気にせず動いていいよ! 移動速度は1戦闘ラウンドに移動できる距離なので。
   では、カーテンチラリすると、中の様子がうかがえます


▼海賊のアジト地図その7


---------------------------------------------
洞窟の中のこれまで見てきた場所とは違って、この部屋は人の手で石をけずり、真四角の形に整えてあります。
中には壁に鎖でしばりつけられた捕虜が1人。
見るからに乱暴者の男達が3人。
そうして、両目にまがまがしい光を宿し、海の女神の印を首にかけた僧侶が1人います。
僧侶の傍の壁には大きなレバーがあり、左手の奥には頑丈な宝箱があります。
---------------------------------------------

DM/アリン:「・・・チャム、無事でいて・・・(ほろり」
DM/女海賊(僧侶):「おお呪われよ、海の女神にかけて! なんというざまじゃ。やつが逃げ出したにも気づかなんだとは」
DM/海賊:「申し訳ありません。けれども、ご心配にはおよびませんよ。このあたりの兵隊ときたら、てんで腰抜けぞろいでございますから」
DM:とか話をしているようです。なお、明かりはばっちり複数の松明で照らされてますね。
ラスキン:それは面倒だ(苦笑)。
DM:さてどうしましょうか
ラスキン:ではちょっと戻って状況説明。
---------------------------------------------
ここでパーティは敵の配置を見て作戦会議。スリープで一網打尽にしようとか、ボスを集中攻撃で倒そうとか相談をします。
結局、クレリック(カスティル)のブレス(※10)の呪文を事前にかけて、突入する事になりました。
---------------------------------------------


---------------------------------------------
※10:「ブレス」:クレリックの1レベル呪文。最大3人までの味方に神の祝福を与え、攻撃が当たりやすくなり、呪文などの攻撃を防御しやすくなる。範囲支援呪文。1レベル呪文としては非常に強力。

▲このページの目次に戻る

■第四章:バトル!! キル・ゼム・オール!



一行は少し離れた場所でカスティルのブレスをカスティル以外の3人にかけると、カーテンの前に布陣した。

DM:ではイニシアチブ(※11)を振りましょうか!

---------------------------------------------
ここでは処理の都合上、キャラクター達に気がついていない海賊達もイニシアチブを振ります。
結果、
カスティル:27
クリオ:19
DM/海賊:15
ラスキン:13
リンネア:12
女海賊12

※)イニシアチブ同値の場合は、イニシアチブ修正が低い方が先になるのが本来の5版のルールですが、
  自分がDMの場合はプレイヤーサイド優先で行動順を決めています。そのため、女海賊よりリンネアが先攻となりました。
---------------------------------------------

DM:では、戦闘になるよ!

DM:第一ラウンド! カスティルからです
DM:カーテンを開けるのは移動の一部でできるとします。ただし、手を離すとカーテンは閉じます。
   (※現代風のレールのあるカーテンではなく上から吊り下げられているだけのカーテンです
DM:破るならアクションを消費します。
カスティル:じゃあ前に出るの怖いけどラスキンさんと位置入れ替わってもらってカーテンあけたままにしつつ、
      ここから女海賊にガイディング・ボルトぶっぱします!

▼海賊のアジト地図その8


カスティル:ガイディングボルト:射程内の君が選んだクリーチャーに向かって、閃光が伸びる。
      1体の目標に対して遠隔呪文攻撃を行なうこと。
      ヒットしたなら、目標は4d6の[光輝]ダメージを受け、さらに次の君のターン終了時までに行なわれる、
      この目標に対する次の1回の攻撃ロールは有利を得る。神秘的な薄暗い光が目標のまわりできらめき、導いてくれる。
リンネア:ほほう
DM:おおダメージでけえ(笑)。じゃあ呪文攻撃ロールだね、インスピレーションの使用を強く推奨だ!
カスティル:ヒットさせなきゃいかんのですよね
DM:ヒットさせないとダメですねー。あとカステルがカーテンを開けたので、中の海賊たちが気付いてt
DM/海賊:「あん?あん?!なんだてめえら!」
DM/海賊:「いてこましたるぞ?!」
DM:と、ドスの効いた声で脅してくる(効果はべつにありません
カスティル:ガン無視でガイディング・ボルトぶっぱします。インスピレーションで。
DM:攻撃ロールどぞ!
カスティル:どう振るんでしたっけすみません!!!
DM:インスピ使う場合は2回振って良い出目を使用します。 カスティルの呪文攻撃ボーナスは3だから1d20+3を二回だね
DM:ただし、海賊1がちょっとじゃまぽいよ! 味方は遮蔽にならないけど敵は遮蔽になるのだ
カスティル:完全には隠れないけど微妙に隠れてる感ありますね……でも、ガン無視でぶっぱします!
DM:おっけ!GOGGOGO!
クリオ:たくましい
リンネア:いっちゃえー!
カスティル:1d20+3
DiceBot : (1D20+3) → 10[10]+3 → 13
DM:もう一回!
カスティル:1d20+3
DiceBot : (1D20+3) → 20[20]+3 → 23
DM:キタコレー(笑)
リンネア:すげえ(笑)
カスティル:ファーーーーーー(爆笑)
クリオ:すっげえ
DM:く・り・てぃ・か・るー!!
クリオ:ドンドコドンドコ
DM:遮蔽なので-2ですが文句なしにクリティカル(※12)でヒット!
リンネア:いーちげーきひっさーつ!
DM:カスティルの必殺の技が女海賊を打つ!
カスティル:4d6ダメージかな?
DM:いやクリティカルなのでダメージダイスが倍になります! やべえ(笑)
リンネア:ダメージダイス2倍よお!
DM:8d6だわ
ラスキン:倍?
カスティル:ファッ!?
クリオ:つっよい
DM:ふってみよう!
カスティル:なにカスティルこわ
ラスキン:終ったかも
リンネア:ホントに一撃がありあえるダイス数。
クリオ:これで終わりそう
DM:一撃死するかも(笑)
カスティル:クレリックとかうそだろこわ
カスティル:8d6
DiceBot : (8D6) → 36[5,3,3,5,5,6,4,5] → 36
DM:おいい(笑)
クリオ:慈善とは
リンネア:あ、これは(笑)
ラスキン:即死!
クリオ:アイエエエエエエ!
リンネア:出目すごいなこれ(笑)
カスティル:待って5がありすぎ
DM:うんまあね、これは……そうね……えーと
カスティル:あの
DM/女海賊(僧侶):「グボアエーーーーーーー!」
カスティル:いや……なんかすいません
クリオ:ぱんぱかぱ~ん
DM:内臓をまき散らして
クリオ:(爆笑)
DM:即死しました!
カスティル:ごめんなさいごめんなさい
DM:あたまがパァン! っておまけで弾けます
リンネア:いいのよー、こんなんD&Dじゃ割りと見る。
クリオ:けーっぺ!(帰ろうの意味)
DM:ザクロのようだね^^
ラスキン:あるある
DM/海賊:「あ、あねご?!」
      「あねごおおおおお?!」
リンネア:「さあ、あたいと勝負だああああ。あれ?」
DM:カスティル行動終わりでいいかな?
ラスキン:のんびりやろう
DM/海賊:「てめえら!」
カスティル:DOGEZAしつつ行動終了します
DM/海賊:「よくも姉御を!」
      「アロ君をよべ!」
      「アロ君をよべ!!!」
カスティル:「ここまでやるつもりはなかった。今では反省している」
DM:はーいではクリオどぞ
クリオ:では、青の範囲にスリープ。

▼海賊のアジト地図その9


クリオ:●スリープ
 1レベル、心術
 発動時間:1アクション
 射程:50フィート
 構成要素:音声、動作、物質
 持続時間:1分
  5d6をロール。合計値が呪文が作用するクリーチャーのHPの合計となる。
  射程内の任意の1点から20フィート以内にいるクリーチャーは、現HPの低い順に眠る(除:気絶状態のもの)
  呪文終了orダメージを受けるor他のものに起こされる まで気絶状態。
  アンデッド、および魅了に完全体制を持つクリーチャーには無効。
DM:おけー! こいやー! 5d6カモーン!
リンネア:「さすがカスティル。あたいもびっくりの必殺技だ!」
クリオ:5d6
DiceBot : (5D6) → 14[3,1,6,3,1] → 14
クリオ:ひっく!
DM:呪文詠唱とかしていいぞ!
クリオ:むり!考えてない!
DM:海賊のHPは11! 一人だけ眠る!
クリオ:悲しい!
DM:どれを眠らせるか選んでください
ラスキン:1人だけ減るでもOK
クリオ:じゃあ、こいつ。
DM:1をねむらせるのね! では海賊ー! 海賊2は怒りの表情をうかべ!!!
DM/海賊:「ぜったいにゆるさんぞー!」
カスティル:これボス一撃死させてしまったけど雑魚さんに耐えないとわし死ぬ奴では
ラスキン:なんかもう普通に近接やった方が良さそう
DM:後ろに移動!
クリオ:!?
DM:レバーをガチャン! 背後で鉄格子が開く音がした!
クリオ:ああ…
リンネア:しかしアロくんどのくらいやる気あるのか。
カスティル:「アロ君は満腹で動かないです多分!」
DM:それはどうかな!
カスティル:むむ!
DM:海賊3はカスティルを殴ろう(笑)。親分の仇ー!

▼海賊のアジト地図その10


クリオ:下衆め!
リンネア:きゃー
カスティル:仰るとおりでございます 弁解の余地もございません。今では反省している
DM:シミター:近接武器攻撃:攻撃+3、間合い5フィート、目標1つ。ヒット:4(1d6+1)[斬撃]ダメージ。
ラスキン:これがリアルヘイト
DM:1d20+3 しねえええええええピー!
DiceBot : (1D20+3) → 16[16]+3 → 19
クリオ:それでも死なれたら困ります!
DM:カスティルのACは15なのであたり!(笑)
カスティル:待って(爆笑)
DM:これ一撃で気絶もあり得る
リンネア:ボスがやられて殺意全開だー!
DM:1d6+1 シミターのダメージ
DiceBot : (1D6+1) → 6[6]+1 → 7
DM:倒れた(笑)
カスティル:アアアアアア(爆笑)
リンネア:ちょうど(笑)
DM/海賊:「まず一人げっとー!!!」
クリオ:マジすか
リンネア:ま、まだ慌てるような時間じゃない。
DM:カスティルはHP7なので、7ダメージでちょうど気絶ですね。即死じゃないから大丈夫
カスティル:ぴったりだから死んでない
DM:-7まで即死はしないよ!(笑)
クリオ:血で血を洗う
カスティル:カスティルぶっ倒れてる場合ってブレスどうなるんだろう
DM:あ、ブレスは消えますね。海賊は移動して終了。ではラスキンどぞー
ラスキン:仕方ないショートソードを抜いて前に出る
DM:はいな。挟撃されてしまったぞ

▼海賊のアジト地図その11


リンネア:ひゃっはー挟んで攻撃だー
ラスキン:攻撃、挟撃は有利(※13)でいいかな?
DM:ですね。有利とれます
ラスキン:1d20+5
DiceBot : (1D20+5) → 1[1]+5 → 6
ラスキン:1d20+5
DiceBot : (1D20+5) → 13[13]+5 → 18
DM:有利あってよかった(笑)。ダメージどぞ
ラスキン:AC18まで命中
リンネア:よかったー(笑)
DM:ヒットです。AC12
ラスキン:2d6+3
DiceBot : (2D6+3) → 9[5,4]+3 → 12
ラスキン:12ダメージ刺突
DM:それは一撃で死亡だ
リンネア:こっちも一撃かな(笑)
DM/海賊:「くそー!だが一矢報いたぞ!」
リンネア:一撃で倒して倒されてだな(笑)
クリオ:やったぜ
DM:ではリンネアどぞー
リンネア:移動してーたたたたー

▼海賊のアジト地図その12


ラスキン:後一人ミンチにすれば終了
DM:いやいやアロ君いるしね!!
リンネア:まず激怒ー!
DM:激怒キター!
リンネア:激怒
リンネア: 戦闘中、キャラクターは原始的な獰猛さで戦う。キャラクターのターン中に、キャラクターはボーナスアクションとして激怒に突入する。
リンネア:・近接攻撃のダメージロールに、バーバリアンレベルに応じたボーナス(1レベル時は+2)を得る。
DM:生き残る未来が見えない
クリオ:つよいつよい
リンネア:攻撃ロールいきます
DM:ダメージUP!おこ!
クリオ:ぷんぷんまる!
DM:カスティルをたおされてリンネアもおこ!
リンネア:1d20+5 グレートソード
DiceBot : (1D20+5) → 11[11]+5 → 16
DM:ヒットー(笑) ダメージどぞ・・・(笑)
リンネア:2d6+3+2 斬撃 グレソ
DiceBot : (2D6+3+2) → 3[1,2]+3+2 → 8
DM:あれー?(笑)
リンネア:ダメージしょっぼ(笑)
DM:い、生きてる・・・(笑)
クリオ:(笑)
DM/海賊:「ぐあー!だがまだ終わらんぞ!!!」
リンネア:「カスティルのかたきー!あれ?死んでないよな?」斬る時考えちゃった
DM:終わりでいいかな?
リンネア:終わりですね
カスティル:げきおこぷんぷん丸すぎて目標がずれたんだな
DM:はーい、では。アロくん!
クリオ:あろくんくるぅ?
DM:移動速度:60フィート
カスティル:アロ君寝てて
DM:12マス走れる!!!
リンネア:はっや(笑)
▼海賊のアジト地図その13

カスティル:待って♡
クリオ:こっわ
DM:ここまできて!
クリオ:あかんあかん
リンネア:そんないっきにくるのか
ラスキン:腹一杯じゃね?
DM/アロくん(中型の爬虫類の雛):「キョッケーキョッケー」
クリオ:恐竜は足が速い
ラスキン:3回は餌やってるし
DM/アロくん:ペロペロ・・・・
クリオ:懐いてる!
DM:と気絶したカスティルを心配そうに、傷を舐めています! 終わり!!(笑)
クリオ:かわいい!
カスティル:懐かれた
DM:第二ラウンド! カスティルの番です
カスティル:気絶してますけども :D
DM:瀕死状態の場合は死亡セーヴというのをします3回失敗すると、昇天できます!
カスティル:3回失敗するとロスト :D
DM:死のセービングスロー→キャラクターのターンの開始時にHPが0だった場合、d20を振り、出目が10以上であれば成功、そうでないなら失敗する。
DM:ですね(笑)
クリオ:勉強になる卓だなあ
カスティル:こわいよママアアアアアアア
DM:1d20を振ってください
カスティル:1d20
DiceBot : (1D20) → 6
リンネア:きっとクリチカル!
カスティル:しぬ
DM:ワンナウトー!
DM:ではカスティルおわりー
ラスキン:いのちのすとっくがいっこへった
DM:ちなみに20がでると奇跡の復活します(笑)
クリオ:「はん、このターンで殺してしまえばいいんだろ?」
DM:ですね(笑)。ではクリオー
クリオ:あいさー。スリープって味方も巻き込んじゃうよね?
DM:まきこみますね!
DM/海賊:「言うじゃないか、かわいこちゃん魔法使い!」
クリオ:では2にマジックミサイルを
▼海賊のアジト地図その14

クリオ:●マジック・ミサイル
 1レベル、力術
 発動時間:1アクション
 射程:120フィート
 構成要素:音声、動作
 持続時間:瞬間
  魔法の矢を3本作り出す。
  1d4+1[力場]ダメージ/一本
DM:うわーうわー(笑)
ラスキン:防ぎようがないからマジックミサイルは
DM:3d4+3ダメージですね(笑)
リンネア:ミサイルいっちゃえー
クリオ:はーい
リンネア:全部1出ても倒せるよねえ(笑)
クリオ:3d4+3
DiceBot : (3D4+3) → 10[2,4,4]+3 → 13
DM:はい
DM:はい
ラスキン:(HP)マックスでも死ぬ
カスティル:はい
DM:死にました……
リンネア:マックスでもちーん
クリオ:「俺様をただの美少女だと侮ったな」
DM/海賊:「そんな・・・俺たちのレルム征伐海賊隊がこんなところでやられるなんて・・・ガクリ」
DM:ラスキン行動するならどうぞー
クリオ:重要そうなワードが
DM:全くでまかせで言ったので全く重要ではありません!!
リンネア:くそ(笑)
ラスキン:移動してカスティルを治療。 治療キットないけど出来る?
DM:容態安定化(Stabilizing a Creature)
 ヒット・ポイントが0になったクリーチャーを助ける最善の手段はヒット・ポイントを回復することだ。
 回復手段が存在しない場合は、死亡セーヴの失敗によって死ぬことを防ぐため、
 最低でもそのクリーチャーを“容態安定化”させることはできる。
 君はアクションとして気絶状態のクリーチャーに応急手当を行なうことで、
 そのクリーチャーを容態安定化させるために難易度10の【判断力】〈医術〉判定を試みることができる。
DM:できますね
ラスキン:1d20+1
DiceBot : (1D20+1) → 17[17]+1 → 18
ラスキン:成功
DM:ではカスティルの手当をして血止めをしたー
リンネア:ラスキンさんの安定した出目よ
DM:カスティルは意識はとりもどさないけど
DM:容態が安定しましたー
カスティル:でもまだ意識は飛んでるんですよねわかります :D
ラスキン:アロサウルスは?
DM:アロサウルスはカスティルを舐めてるよペロペロ。攻撃はしてこないみたい
ラスキン:大丈夫そうだな
クリオ:友達になれそう
DM:保存食あげて正解ですね
カスティル:アロ君に運んでもらおうね :D
DM:運んでもらおうか(笑)。では戦闘終了でいいですかね?(笑)


---------------------------------------------
※11:「イニシアチブ」:戦闘時にいかに素早く行動できるかを示す値。戦闘開始時に20面体ダイスを振り、敏捷力修正とその他の修正を加算したものがイニシアチブ値となる。大きい方が先に動ける。
※12:「クリティカル・ヒット」:敵を攻撃した時に攻撃ロール(命中判定の20面体ダイス)の結果が出目20の場合、攻撃はクリティカル・ヒットとなり敵に多大なダメージを与える。具体的にはダメージダイスを2回分振ってダメージを算出する。
※13:「有利」:判定に有利な修正のある状況を「有利」があると言う。有利がある状況では、判定の20面体ダイスを二個振り、高い方の出目を使って判定できる。逆に「不利」な状況もあり、「不利」な場合は20面体ダイスを2個振って悪い方の出目を採用する。

▲このページの目次に戻る

■終章:新たなる旅立ち



DM:部屋には宝箱と捕虜になっていたチャムの姉と思しき少女がいる。
リンネア:近くにいるし助けようかー。
ラスキン:「助けに来たぞ」
DM:目の前で女海賊の頭がパーンと破裂して驚いていたようだけど、助けという言葉を聞いて安心したようだ
カスティル:パーンと。
クリオ:パァン
DM/アリン:「あ、ありがとうございます。チャムが助けを呼んでくれたのですか?」
リンネア:「ちぇ、あたい何もしてなーい。チャムのお姉さんだよね、大丈夫?」鎖とかに囚われたらパーンと。
DM/アリン:「皆様すごくお強い・・・」
ラスキン:「まぁね」
DM/アリン:「特にあの僧侶の方のガイディングボルトは初めて見た必殺の技でした……気絶されてますが大丈夫なのでしょうか?」
リンネア:「あんなのあたいも初めてみたよ。あんな隠し玉あるなんてなー」
クリオ:「恐ろしい奴だぜ、こいつ(カスティル)は」
カスティル::D
DM:などと話をしていると外からチャムが走り込んできて、アリン(姉)に抱き着いて、ほほえましい光景が繰り広げられます。
リンネア:実にいい
ラスキン:正直、戦闘は状況が動くから臨機応変になり易い
DM:アリンは手かせをはずされると
ラスキン:取りあえず、生きてる海賊はふんじばって官憲に突き出すべ
DM:カスティルの元に歩みより、
ラスキン:歩美さんですか
DM:「この善なるものに癒しの手を……」
DM:1d8+1
DiceBot : (1D8+1) → 6[6]+1 → 7
クリオ:ヒーラーだった!
ラスキン:ぴったり治った
DM:HPが7点回復します
カスティル:HPぴったり
リンネア:おー
DM:キュアウーンズですね
カスティル:HP回復したら起き上がれるという認識でよろしいのだろうか
DM:意識を取り戻して起き上がれますね
DM/アリン:「ありがとうございました。お嬢さん。見事なガイディングボルトでした。死なせてしまうにはもったいない……」
カスティル:見事なガイディングボルト。
DM:みごとなワザマエだった
カスティル:「あそこまでやるつもりはなかった。今では反省している テレビ用」
DM:TV向けだから、多分女海賊が黒いシルエットになってブシャー!(北斗の拳アニメ版ネタ
DM/チャム:「ねえねえ、ラスキンの兄さん、こっちに宝箱があるけど!」
ラスキン:「調べてみるか。」罠があるか調べるよ
リンネア:「頼むぞラスキン!お宝、お宝ー♪」
DM:〈捜査〉でどうぞ。
ラスキン:1d20+4
DiceBot : (1D20+4) → 13[13]+4 → 17
DM:罠はないみたいです。鍵もかかってない
ラスキン:では開けます
リンネア:wkwk

---------------------------------------------
海賊一味を打ち負かしたならば、PC達は捕虜を助け出すことができ、宝箱をわがものにできる。宝箱の中には、

金貨50枚
コショウの袋、シナモンの袋、砂糖の大袋(いずれも町へ持っていけば金貨50枚で売れる)
宝の地図
---------------------------------------------

リンネア:さらに宝の地図もか(笑)
DM:宝の地図みてみるー?
リンネア:みるかー!
DM:宝の地図には南方の海洋にある島に莫大な財宝が隠されいてるというメモと共にある島に×印がついているね
ラスキン:恐怖の島?
DM:多分カリムシャン方面の島だと思う。恐怖の島みたいに恐竜が住んでるかもね(笑)
リンネア:わーい、さらなるお宝だー
DM:袋は1つ50GPなので金貨と合わせて合計200GPになりますねー
ラスキン:では一人頭50gpと。
DM/アリン:「・・・それは遥か南方の島の地図ですわね・・・そこに行けば財宝が手に入るのやもしれません・・・」
リンネア:「さらなるお宝かー!」目が$
DM/チャム:「あーでも・・・あたしと姉様だけじゃアイスウィンドデイルに帰れないかもしれない・・・」
ラスキン:「先にそっちだな」
カスティル:「困っている人(略
DM/チャム:「お礼もしたいし、遠いけど、アイスウインドデイルまで来てくれない?」
DM:お願いをしてくるチャムですが皆さんはどうしましょうか
クリオ:「あいすうぃんどでいる? クリオ行ったことないかも☆ 気になるなあ☆」
カスティル:「困っ(略
クリオ:きゃぴーん
ラスキン:乗り掛かった舟だし問題ない
DM/チャム:「すっごく綺麗なところだぜー! まっしろでさ! ……あとまっしろ!」
リンネア:名残惜しそうに地図見てるけど首振って「関わった以上最後まで面倒見ないとだよな」
ラスキン:「いや白いのは知ってるからあそこは僻地だけどな」
DM:では皆さんはチャムとDM/アリンを護衛して北方への旅路につくのでした・・・
カスティル:「まっしろでまっしろ。」
クリオ:「わあ♡ ろまんちっくなんだねっ♡」
DM/チャム:「うんうん☆ 星綺麗だぜー!」(すごく田舎
ラスキン:「イエティが多いんだよな、あそこは…」
リンネア:「ロマンとかはわかんないから、美味いものあるといいな」

カスティル:2の部屋行かなかったけど帰る前に寄れないのだろうか
DM:2の部屋は
ラスキン:2の部屋は?
リンネア:何があったのだろ?
DM:帰りに調べたことにしますがダミーのドアでその前に落とし穴があっただけでした!
リンネア:あぶな(笑)
クリオ:こっわ!
ラスキン:なん…だと?
カスティル:_(:D 」∠)_
DM:ひっかからないんだもんなー(笑)
リンネア:いかないでよかったー(笑)
ラスキン:なんだろう、この運の良さは
クリオ:確かによく見るとタイルが歪んでるような
カスティル:ラスキンさんさすがっす

DM:というところで本日のセッションは終了としたいとおもいますー
カスティル:終わってしまった
DM:無事クリアおつかれさまでしたー!
ラスキン:はい、お疲れ様でした
DM:では全員金貨50枚をゲット! さらに経験値!
ラスキン:は~い
リンネア:わーい
ラスキン:うむ
DM:PC達はそれぞれ150XPを得る(これには敵を打ち負かしたぶんの経験点も含まれている)。
クリオ:やったぜ
DM:キャラシーに書いておいてねー
ラスキン:了解です
DM:まだレベルアップはしないけどためておこう!
ラスキン:うむうむ
リンネア:レベルアップには足りないか、残念!

▲このページの目次に戻る

■追補:感想戦



DM:ではここからはセッションの感想戦をしましょうー
クリオ:アロちゃん倒したらもっと経験値貰えたのかなあ
ラスキン:こっちが殺される気がする(笑)
カスティル:餌放り投げまくったから今がある。あー 花火上がってるー
カスティル:あけましてしめましてー
リンネア:あけましておめでとうございまーす!
ラスキン:あけましておめでとうございます
ラスキン:良い年越しでした
クリオ:あけおめでーっす!
DM:あけましておめでとうごいますー
クリオ:まさに年越しD&D
DM:明けていた!(笑)
リンネア:ちょうど年越しであった
DM:2017年もよろしくおねがいしますぞー!(笑)
DM:というわけで簡単なシナリオでしたがいかがだったでしょうか楽しめたかなー?
リンネア:楽しかったでーす!
DM:難しかったかなー?(笑) ガイディングボルトはやばかったねー(笑)
カスティル:戦闘開始で手間取ってしまって申し訳ございませんでした!
DM:いや、こっちの説明不足もあったからノーカンにしましょう(笑)
クリオ:たのしかった!
リンネア:初っ端クリティカルの一撃は笑った(笑)
DM:あれはいかん(笑)
カスティル:あれはねぇ…ちょっとねぇ…
DM:てっきりセイクリッドフレイムだと思ってました(笑)
クリオ:今夜はすごく出目が大暴れしましたねー
ラスキン:こんなに出目が良いのは初めてだよ
DM:あばれたねー(笑) ラスキン出目よかったねー(笑)
ラスキン:これはリアルで死ぬ
カスティル:目の前の雑魚だったらセイクリのつもりだったんだけど
リンネア:今日20が結構でてましたよねえ(笑)
ラスキン:出てたね
カスティル:ボスに届くなら次の攻撃に有利が付くガイディングぶっぱしたらよさそうかなと思ったら酷い事に
DM:いや、あのガイディングは良かったよ!
ラスキン:二撃要らずのガイディングボルト
DM:思い切りがあって。遮蔽もあったからリスクはあった
リンネア:ですねー、思い切りは大事
DM:そしてそのあと1/6の確率しかないのにしっかり気絶するしおいしかった
ラスキン:あれは仕方ないよ、リスクの内
カスティル:(爆笑)
クリオ:(爆笑)
リンネア:しかたないね(笑)
カスティル:あれはほら多分テンパってたんや…そこまでするつもりはなかったとか混乱してたらやられたんや…
DM:初めて人殺しちゃったあっ~~~~~💛 まあ楽しめたらよかったという事で!
クリオ:慈愛とは…
DM:アイスウインドデイルでの冒険=クリスタルシャードの影につながるかもしれないねーって感じで
リンネア:なるほどお(笑)
ラスキン:「俺はもうその歳には人を殺してたんだぜ」と言うセリフがちらりと
カスティル:「だが殺ってみたらなんてことはないな」
DM:カスティルが新たな慈愛に目覚めた(笑)
DM:「慈悲です^^>ガイディングボルト」
カスティル:一撃でしとめて差し上げるのも愛
リンネア:愛がコワイ!
クリオ:ラスキンがラノベの主人公に
ラスキン:クリスタリシャードは序盤は既知プレイになるけど許してDM
DM:「くるししまないように主のみもとにおくってあげましょう^^」
クリオ:痛みもなく仕留めるのが愛
DM:うんもしやるならですが、その辺は気にしないので大人の対応してもらえればー
ラスキン:慈悲を持って一撃でか
DM:^^
カスティル:長引くと苦しみが伴いますからね^^
DM:さくっと^^
カスティル:くりてぃかるでさくっと^^ (もうやだこのくれりっく)
クリオ:ぽっくり^^
リンネア:毎回クリティカルだす殺意高いカスティルさんですね^^
カスティル:殺意じゃなくて慈愛の意識が高いんですよ^^
DM:^^

DM:ちなみに「クリスタルシャードの影」のOPはこんなかんじ!

----------------------------------------------------------
▼アイスウィンド・デイルで悪が蠢く
 アイスウィンド・デイルの住民たちは長年に渡って、この北方の地の苦難の数々に耐えてきた。
 100年前にこの地域を震撼させた大事件も遠い過去の記憶となり、覚えている者はごくわずかだ。
 だが倒されたものは滅び去ってはいなかった。
 1つまた1つ、テンタウンズに悪の勢力が集う。北方の人々に史上最大の危機が迫りつつある。
 
 だが幸いにも、彼らと共にこの危機に立ち向かう者がいる……
----------------------------------------------------------

DM:危機に立ち向かう!
リンネア:倒されたもの!
カスティル:サウロンかな?
ラスキン:これはアイスウィンドサーガ読んでると面白さが増す
DM:ですねー(笑)もう今は手に入りづらいけど

DM:さて、じゃあ年も越したしとりあえずいったんこっちは落ちー!
   お疲れ様でした!楽しかったです!
   おやすみなさい&ことしもよろしくー
一同:お疲れ様でしたー

----------------------------------------------------------
という訳で、2016年を締めくくり、2017年の幕開けとなる、
D&Dのオンラインセッションは無事終了した。

みんな楽しかったと言ってくれたし、DMも超楽しかった。
ボスは残念な死に方をしたけど、それもまた楽しかった!

今年はこのメンバーで新しい冒険に旅立てるかな? 楽しみです!

▲このページの目次に戻る

▲▲リプレイログTOPページに戻る


■感想コメント欄


記事に対する感想等ありましたら、匿名でかまいませんのでコメントを残していただけると関係者が喜びます!
恐れ入りますが、誹謗中傷・マナーに反した書き込みはご遠慮ください。
Comment Box is loading comments...